FC2ブログ

記事一覧

炭窯完成!?と、とにかく、煙は出た!

先日から、毎日毎日、火を焚いて、どうにも温度が上がらないニューカマー。

前回、焚き口の断熱を行ったけれど、多少はよくなったものの…。

それでも諦めずに焚いていたら、黄色い煙が出ました!

「これは火が付いた印だ!まさに狼煙!」と、興奮しながら見ていると、煙が逆流…。

20190222055753dd0.jpg
 
20190222055824961.jpg


原因は…と、考えていたらはっ(;゚д゚)となりました。

そう、普通に考えて、煙は上にいくのだから、押さえつけたら高い位置から漏れるに決まっているじゃないか…。

ということで、便宜上、ちょうど良い高さに設置していた焚き口を、急遽、地面の位置まで下げることに。
急いで山に登って、赤土をゲットして、ネリネリペタペタ。
そして再度、火を付けてみると…。

201902220602374e5.jpg


うむうむ。いい感じ。

2019022206042276b.jpg


どんなに頑張っても上がらなかった煙突の温度も、すぐに50度を超えました。
出来たての窯なので、水分が多くて温度が上がらないと思っていたけど、全然そんなことはなかったようです。

こうやってみると、排気口が悪いのが、焚き口が悪いのか悩んでいたけれど、圧倒的に焚き口が原因。

ただ、それでも温度は60度までしか上がらずに現在にいたっているので、排気口も問題を抱えているようにも思います。

まあ、これが炭窯の水分が原因なのか、構造の問題なのかを、何度か焼いて調子を整えていきます。

いずれにしても、やっと着いてくれた火に一安心。
多少、煙が漏れる箇所があるので、窯全体を赤土で被うくらいの気概を持って補修していきたいと思います。

とにもかくにも、一歩前進!!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

茸屋丸藤

Author:茸屋丸藤
20代後半で脱サラし、原木栽培の椎茸の研修中に茨城県で東日本大震災に遭遇。
放射能の影響を受けやすい椎茸栽培の独立を関東ですることを諦めて、急流に飛び込む覚悟で高知に移住しました。

今は、日本で最も水質が良い仁淀川の源流を使って、山と川に囲まれて椎茸の栽培を主にやっています。
その他、炭を焼いたり、畑をいじくったり、最近はニワトリを飼い始めました♪
うちは、飲み水が湧水で、お風呂もトイレもミネラルウォーターということだけが自慢です(笑)

カウンター

アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめサイト

げん玉経由でYahoo!ショッピングで3,000円の加湿器を購入したら・・・

げん玉で300ポイントGET!
さらにTポイントも30ポイントGET♪

げん玉とTポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪

他にもベルメゾンなど有名ショップが多数掲載!

げん玉で Let's ショッピング♪

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!