FC2ブログ

記事一覧

断熱を制する者は、暮らしを制する!炭窯が逆流しやがった(*`皿´*)ノ

そろそろ炭窯が乾いてきました。

201902182301456bf.jpg

天井も、いい感じで白くなってきました。
ただ、この白さは異常。

実は、赤土は非常に割れやすい素材らしく、過去に扱うたびにひび割れが起こっていたので調べました。
すると、昔から、赤土でかまどを作るときには塩を入れるとか。

ただ、今更そんな情報をゲットしても…ということで、上から塩を塗りこんでみたのです。
あわよくば、夜露で塩がしみ込んでくれないものかと。
すると、思惑通り、前日に塗った塩が、一日経つとなくなって、さらに繰り返し、翌日には少し塩が残って。という感じで今の状態。
結局、4日間ほど塗ったでしょうか。

結果は、ひび割れがない!!
とは言っても、塩を塗りにくい側面ではやはりひび割れが。
塩スゲーな( ‘o’)

ま、側面は、あとで補強するということで…。
なんか、毎日毎日、炭窯に塩を塗って撫でてやって、ひびが出来たら叩いてやって、いざいい感じに固まってくれると、まるで自分の息子のように思えてくる不思議。
誰にも嫁にはやらんぞ!あ、娘か。
いずれにしても、ただの土とレンガだったものが形になっていく喜びよ。

んで、早速焚いてみました。
やはり、乾いたといっても表面上で、内部にはたっぷりと水分が残っています。
水が蒸発するまではなかなか温度が上がらず、8時間ほど焚いて、ようやく30度。

すると、あら不思議。
煙と火が逆流して焚口から!!
考えた結果、考えられる原因は2つ。

①焚口の断熱がうまくできていない、もしくは短いため、十分な温度を確保することが出来ず、内部の温度が上がることで、排気口よりも高い位置にある焚口に行き場のなくなった煙が出てきてしまった。

②排気口が小さく、煙突の温度も上がりにくいため、引き込みもなく焚口から漏れてしまった。


原因が②の場合、窯を開けなければならないので、とりあえず①ということで。

というわけで、せっかく赤土で固めた焚口ですが、ぶっ壊しました。うう…俺の4日間…。

2019021823164982a.jpg → 201902182317254dd.jpg

便利だからといって使ったコンクリートブロックがいけなかったのだろう。ぶっ壊した今、そうであってくれ。

願いつつ、作業開始。コンクリートブロックの代わりに、耐火煉瓦をふんだんに使いました。
(200円×21個=4200円の焚口(;_;))

20190218231901292.jpg

一つ置くごとに、赤土を塗って。
でも、赤土が足りない…。でも、軽トラックは修理に出しているので山に入れない。
よし、赤土の再利用だ!壊した赤土を練れ!ダマが出来ないように細かく混ぜろ!そんな流れ。

そして、何とか赤土を塗り終えました。↓

2019021823210629c.jpg

ひび割れていたところも、これで修正。
本当ならば乾くまで待つところでしょうが、煙が漏れないか確認もしたいし、乾くまで待っていられない!
ということで、早速火入れ。

おお!見事に煙が出ている!!
多少、煙が漏れるものの、赤土が乾いていないのでいくらでも修正可能。

そして焚くこと数時間。
昨日よりも早く温度が上がりやすい。
煙の量が相変わらず少ないけれど、それでも昨日よりもマシだし、何といっても、問題だった30度を超えても煙が煙突から出てくれています。

2019021823215246b.jpg

こうやって見ると、炭窯もロケットストーブと一緒で、焚口の上昇気流が無理な排気を可能にしているということを実感。
また、ロケットストーブを何度も試行錯誤したからこそ、この炭窯の不調が焚口の断熱の薄さだということに気が付けたように思います。
うんうん。仕事が繋がっているね。

とはいっても、前の炭窯よりもはるかに排気量が低いので、今後は排気口を広げなければいけませんが。

ある方が私に言いました。

「〇〇さんが生きているうちに炭窯の作り方を教えてもらったらいいのに。もったいない(笑)」

私にとっては、こんなに面白いことを人に答えを聞いて考えることを辞めるほうがよほどもったいない。

ま、その〇〇さんも「好きだから、面白いから、これでもダメ、あれでもダメって、うまくなっていくんだよ」と。
そう、損得勘定ばかりの合理(どんな理に合っているのか知らないけれど)では、本当に理解していなければいけないことを理解せず、暮らしがどんどんつまらなくなっていくように思うんです。
と、なんにもうまくいっていないのに語っている恥ずかしさ。

まあ、いずれにしても、自分で何もやらない。試さない。それなのに「やりたいから教えてください」という神経の図太さは私にはないので、教えてもらうにしても、何が分からないのかを知ってからヒントを聞きたいと思います。

そんなこんなで、植菌しなきゃいけないのに、炭窯面白くて仕方がありませんエブリデー。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

茸屋丸藤

Author:茸屋丸藤
20代後半で脱サラし、原木栽培の椎茸の研修中に茨城県で東日本大震災に遭遇。
放射能の影響を受けやすい椎茸栽培の独立を関東ですることを諦めて、急流に飛び込む覚悟で高知に移住しました。

今は、日本で最も水質が良い仁淀川の源流を使って、山と川に囲まれて椎茸の栽培を主にやっています。
その他、炭を焼いたり、畑をいじくったり、最近はニワトリを飼い始めました♪
うちは、飲み水が湧水で、お風呂もトイレもミネラルウォーターということだけが自慢です(笑)

カウンター

アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめサイト

げん玉経由でYahoo!ショッピングで3,000円の加湿器を購入したら・・・

げん玉で300ポイントGET!
さらにTポイントも30ポイントGET♪

げん玉とTポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪

他にもベルメゾンなど有名ショップが多数掲載!

げん玉で Let's ショッピング♪

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!