記事一覧

何も書けない…けど進んではいるはず!

本格的な梅雨が始まった。そんな感じがする今日この頃でございます。

ブログの方は、とんとご無沙汰。
というのも、この雨で、外での作業がなかなか進まない…。

けれど、色々とやってはおります。

そう、雨が降る前に焼いた炭。
さらに、最近は大きな炭窯の準備を進めております。

本日は、雨の中、急斜面の竹藪を登って竹を伐っておりました。
予定では今日、炭窯に竹を入れる作業が完了するはずでしたが、やはり雨だと思うように作業が進みませんね。
それと、思いのほか、炭窯が大きい!

伐っても伐っても。入れても入れても。炭窯がいっぱいにならない…もう、竹を70本は伐ったかと思います。
でも、明日は雨が降らないようなので、明日には終わるでしょう!!
ということで、いずれ、それもご報告できたらと。

そんなわけで、現在進行中のことはすべて中途半端で、記事にするにはちょっと。
でも、私の炭窯で、面白いことがありました。

炭窯には焼けた炭が入っているはずなのですが、その炭を焼く前に焼いた炭。

この炭の焼き方で、以前に「熱をどのように広げたらよいのか」ということで考えた結果、
「煙突に載せている障害物をなくしてみよう!」
と試みました。

その結果…なんと、窯に入った竹の上半分だけがすべて灰になってしまった!!Σ(・□・;)
ということは、煙突から煙が出る速度が、炭になる速度よりも早くて燃焼してしまった、ということなのでしょうか。

かなりの失敗だったのですが、今までにない焼け方だったので、非常に興味深い。
私が熱を早く…と思ったけれど、その結果、より多くが灰になってしまったわけだから、熱を早く伝えることがポイントなのではない!!
ということ?

なので、次回は、逆に絞ってみようと。
ところが、それを焼いたときもその前も、極限まで入り口を絞ったんですよ。
それなのに灰がたくさんできてしまった。

もしかしたら、空気の入り口を絞ることと煙の量は関係ないのではないか。
いや、燃えるスピードが変わるのだから関係ないことはないのだけれども、入り口を絞るなどの調節をすることよりも、大事なのは煙突から出ていく煙の量を調節することが重要なのではないか…。
と考えてみました。
入り口をいくら開けていたとしても、出口が小さければそれ以上の空気は入らないわけだし。
かといって、入り口を開け過ぎると逆に空気が入らない、というか押し込めないと思うのです。

というわけで、次回は、入り口は開け過ぎず閉め過ぎず、ロケットストーブがボーボー燃えるような感じのちょうどいい大きさに。
そして、煙突は煙突の継ぎ目から煙が漏れるくらいの圧力をかけられる大きさに、障害物を載せて調整。
で試してみよう。

そう思ったのが何日前だったでしょうか。
それでね、焼いたんですよ。

焼いてみると、煙突の継ぎ目から煙が漏れるくらいの圧力というのが難しい!!
割りばし一本分くらいでだいぶ煙の量が変わりました。
微妙な調節をしましたが、何とかそれはオッケー。
ただ、こうやってみると、炭窯の空気の調節というのがいかにシビアなものなのか、ということがよくわかりました。

なんか、入り口の空気量を「これくらいかな~」って適当にやっていましたが、そんなものではてんでダメって思いました。
そして、焼いている時間が進んでくると、煙突の継ぎ目から煙がもれなくなったので、そのたびに煙突の障害面積を増やしていくという感じ。

あれですね、入り口の空気穴を徐々に小さくするべし!ってみたことがありますが、それと同じようなことなんでしょうね。
でも、それがどの程度なのか。どれくらいの時間でなのか、というのが不明でしたが、これでうまくいっていたら、こういうことなんでしょうね。

んで、今まで通りなら、中は完全に灰になっているでしょう。という感じの入り口の大きさで焼き続けて12時間。
煙の温度が100度を超えてきたので、煙突の障害物を少しずつどかしてみました。

すると、一気に温度が上がってきたーー!
結果、あっという間に200度。煙突についたタールがパキパキと音を立て始めたので、ここでストップ。
(前回、200度を超えて喜んでおりましたが、それからというもの毎度毎度200度を超えるようになったので、今までは何だったのだろうかと思っております)


この温度の上がり方が、今までにない異常な感じ。
少ししか開けていないのに一気に温度が上がるなんて。
いずれにしても、この窯をまだ開けていないんですね~。

だから、これがどのような意味があったのか、まだ不明なんですね~。
どうしよう。全部燃えていたら。
どうしよう。全部炭になっていたら。

炭窯って、この開ける瞬間が楽しみです。ええ、仕事じゃないからノンキなものです。
ということです。

そう。やったことを何も確かめられない。
やりたいことが何もうまく進まない。

本格的な梅雨が始まりましたね~。
こういう時は、のんびりと紫陽花でも眺めていたいものですね~。

ええ、カッパを着てでもやりますよ。
貧乏人に紫陽花なんか見ている暇はないんです。
あ、じっと手を見ることはあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茸屋丸藤

Author:茸屋丸藤
高知県に移住して、原木栽培・菌床栽培の椎茸を作っています。
その他、色々と挑戦しようと思います。

最新コメント

カウンター

アクセスランキング

おすすめサイト

げん玉経由でYahoo!ショッピングで3,000円の加湿器を購入したら・・・

げん玉で300ポイントGET!
さらにTポイントも30ポイントGET♪

げん玉とTポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪

他にもベルメゾンなど有名ショップが多数掲載!

げん玉で Let's ショッピング♪

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!