FC2ブログ

記事一覧

炭窯を作ってみる①

私が住んでいる集落には、炭窯があります。
今でも地域の方がたまに炭を作っているそうで、前から「やってみんか?」と声をかけてもらっていたもの。

ただ、椎茸が忙しいので断っていたのですが、それがどうやらいい小遣い稼ぎになるそうで…そ、それなら少しやってみようかな…と目の色を変えて教えてもらうことに。

その炭竈は、孟宗竹という太い竹を50本ほど入れることが出来るのですが、これをやってみて、本当にしんどい。
いつも椎茸用のクヌギを伐っていますが、それに比べれば作業は遥かに楽なんだけれど、毎回毎回…と考えると嫌になったのが正直なところ。

ただ、小さな炭窯を作って、気軽に頻繁に炭を作ることができれば、副業として良いんじゃないか!?
というわけで、さっそくホームセンターに耐火煉瓦を買いに行って作ってみました。

2018020415490001.jpg  2018020415490000.jpg


作った、というと何ともお粗末。ただ耐火煉瓦を重ねただけのもの。
とりあえず、うまく行くのかどうかを試してみて、うまくいくようならモルタルできちんと作ろうと思っているんですよ。

要は、竹を燃やさないように焼けばいいはず…言っていることが滅茶苦茶な気もするけれど、酸素を遮断して火を当てずに熱を当てていけば…。
いずれにしても、知らない世界なので、まずは失敗をしてから何がポイントなのかを探っていこう、という作戦。

火をつけると、当たり前だけれど、煉瓦の隙間から煙がモクモク。
これではいけないので、土を上からかけました…が、この程度ではほぼ無意味。
2018020513000000.jpg

どれくらい焼けばいいのだろう。とりあえず5時間くらい。そんな適当な感じでやってみました。
まあ、中に入っている竹は、孟宗竹ではなく、それよりも遥かに細い真竹という竹で、それを3本分程度。
だから、失敗しても何度でもトライ可能!とにかく失敗を繰り返すんだ!!
ちなみに、真竹は尺八の材料になるそうです。

んで、わくわくしながら開けてみると…

2018020715010000.jpg

こんな感じ…中には上の方がすこーーーーしだけ炭になっているものもありましたが、全然ダメ。
ただ黒くなっただけ。

5時間も焼いたのにこの程度…もう少し焼けていても良かったのにな…。
原因は、やっぱり空気の遮断が出来ていないことかしら?
それと、地面を掘ったので、土が湿っていたことで温度が上がらなかったのかしら。

ということで、これを踏まえて作りなおします!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

茸屋丸藤

Author:茸屋丸藤
20代後半で脱サラし、原木栽培の椎茸の研修中に茨城県で東日本大震災に遭遇。
放射能の影響を受けやすい椎茸栽培の独立を関東ですることを諦めて、急流に飛び込む覚悟で高知に移住しました。

今は、日本で最も水質が良い仁淀川の源流を使って、山と川に囲まれて椎茸の栽培を主にやっています。
その他、炭を焼いたり、畑をいじくったり、最近はニワトリを飼い始めました♪
うちは、飲み水が湧水で、お風呂もトイレもミネラルウォーターということだけが自慢です(笑)

カウンター

アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめサイト

げん玉経由でYahoo!ショッピングで3,000円の加湿器を購入したら・・・

げん玉で300ポイントGET!
さらにTポイントも30ポイントGET♪

げん玉とTポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪

他にもベルメゾンなど有名ショップが多数掲載!

げん玉で Let's ショッピング♪

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!