FC2ブログ

記事一覧

炭作りにやっぱり経験は必要か!?

昨日は雨で、現場の地面はぐっちゃぐちゃ。

というわけで、植菌作業は午後からやることにして、午前中は椎茸のルーティン作業を終えてから炭窯に火を付けました。
炭窯に竹をセッティングしておいたので非常に楽。

さて、今回は、今までの失敗から得たことに注意しながら火を入れてみました。

①極力手前で火を付ける
②焼き過ぎない(煙の温度80度にこだわらない)
③口を絞りすぎず、開け過ぎず

こんなところでしょうか。
中身の竹は、前回と同様、立てるのではなく寝かして入れました。
おそらくですが、立てる場合は煙突から順に立てていき、最後に焚き口付近をセットしなければうまくいかないように思います。

というのも、焚き口付近から竹に火がついて、順番に温度が伝わって焼けていくのだろうから、焚き口付近の竹が煙突に向かって倒れていかなければ熱がうまく伝わらないように思うからです。
私の窯は焚き口付近の天井(竹の挿入口)を耐火セメントで閉じてしまったので、うまく煙突に向かってもたれさせられない…(´Д`;)
まあ、耐火セメントも熱でくたびれて壊しやすくなっているだろうから直そうと思えば直せるのですが、横に入れる方が楽だし、完成した炭が窯の中で割れても構わないし。ということで今のところは現状でOK。

さて、焚き口の一番外側から慎重に火入れ。
やはり、雨の後のせいか、なかなか温度が上がらない…。
30分燃やしても煙の温度は20度。
ここでお昼になったので、とりあえず、薪(枯れた竹)をたくさん入れて昼食に。

ここで、何と2時間も休憩してしまった!!
けれど、なんとか弱々しくも煙が出ておりました。
温度を測ると30度。
再度、薪を投入し、合計1時間燃やしたところで、温度を測ると40度。
この炭窯は、今までの経験上、安定する温度が48度くらいなのでもう少し焼いてみよう…。

全てが手探りですが、今回は、とにかく1回目の黄色い煙が出るまで焼いて、そこで止めることにしました。
んで、さらに10分ほど焼いたらその黄色い煙が出たので焚くのを止め。
この時の煙の温度が、44度。
4度足りないけれどどうなんだろう…。
まあ、消えたら消えたでいいや!ってな具合に、焚き口から入る酸素を絞って植菌作業へ。

この酸素を絞る塩梅も手探り。
とりあえず、指が4本すっぽりと入るくらい。

2018041518060001.jpg


5時過ぎまで植菌作業をやって、恐る恐る帰ってきたら、なんと煙が出発前よりもいい感じ!!↓

2018041518060000.jpg

竹搾液を含んだ白い煙がモクモクと出ておりました!
さっそく温度を測ってみると…↓

2018041518070000.jpg

いいねぇ♪
温度が下がっていない。というか、少し上がっている。
写真は撮らなかったけれど、煙突の真上から根元に向かって温度を測ったら、51度くらいでした。
前回も前々回も、惰性で燃えている時の温度がこれくらいだったので、やはりこの炭窯は、この煙の温度が安定温度なんだと思います。

そして現在は、先ほど温度を測ったら、根元の温度が60度前後でした。
煙も、だいぶ青白くなってきたので、そろそろ止めどき?
前回たてた仮説だと、空気を遮断しても炭が持っている熱で炭化を進めるのではないか、ということだったので、遅く止めるよりは早く止めた方がいいのではないだろうか…?

といって、立てて炭を焼いた時は早く止めて何度か失敗したのですが、今回は横に詰め込んであるので、熱がこもるはず!
自分を信じてタイミングをはかりたいと思います。
そして、何より今回はきちんと火が消えるまで、開けるのを待つこと。
前回はほとんど燃えちゃったし(苦笑)

それにしても、手ごたえとしては今までで一番いいです。
火がついた瞬間に焚き口の火を止められた感があるので、無駄に灰にしていないはず。
ただ、やはり炭窯はその炭窯ごとに癖が違うというか、いくら焼き方をマニュアル化しても、炭窯そのものをマニュアル化しないと同じようにはいかないなぁと思ってきました。
ま、それでも新たな炭窯を作ったとしても、炭窯の癖を知るポイントをおさえておけば、かなり楽にはなるのではないでしょうか。

といったところで、ヘッドライトをしながらもう一度様子を見てきます。
嗚呼。どれくらいの時間で焼けるのか、それが分かれば夜中の作業がなくなるのに…。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

茸屋丸藤

Author:茸屋丸藤
20代後半で脱サラし、原木栽培の椎茸の研修中に茨城県で東日本大震災に遭遇。
放射能の影響を受けやすい椎茸栽培の独立を関東ですることを諦めて、急流に飛び込む覚悟で高知に移住しました。

今は、日本で最も水質が良い仁淀川の源流を使って、山と川に囲まれて椎茸の栽培を主にやっています。
その他、炭を焼いたり、畑をいじくったり、最近はニワトリを飼い始めました♪
うちは、飲み水が湧水で、お風呂もトイレもミネラルウォーターということだけが自慢です(笑)

カウンター

アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめサイト

げん玉経由でYahoo!ショッピングで3,000円の加湿器を購入したら・・・

げん玉で300ポイントGET!
さらにTポイントも30ポイントGET♪

げん玉とTポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪

他にもベルメゾンなど有名ショップが多数掲載!

げん玉で Let's ショッピング♪

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!